千代田区岩本町のインプラント 上條歯科医院の精密根管治療

精密根管治療とは

歯科治療で大切なのは、患者様の天然の歯をできる限り残して治療していくことだと考えます。
精密根管治療は、虫歯の進行がかなり進んでいる、または以前治療した歯の根の治療部分に再び炎症が起きたとき、すぐに抜歯するのではなく、できる限り歯を残し、歯の機能を改善していくために行なう治療です。
当医院ではドイツ・ライカ社の「マイクロスコープ」という手術用の顕微鏡を使用し、治療を進めていきます。
肉眼では見ることのできない複雑な形状の根管の患部を、顕微鏡レベルでの拡大視野で確認しながら取り除いていきます。

精密根管治療とは

精密根管治療の流れ

STEP1  虫歯と汚染組織を除去

レントゲン撮影にて、歯根の長さや数、曲がり具合などをチェックし、虫歯菌に汚染された組織(歯の神経や血管など)を取り除きます。以前、根管治療をした歯の場合はその時に入れた薬を取り除いていきます。

矢印

STEP2  根管内の洗浄

根管の深さを測定したのち、治療の器具が入るよう神経が入っている部分まで穴をあけ、根管内を洗浄・消毒します。そして根管の中に薬を入れた状態で仮のフタをします。何度か薬を交換し、消毒を徹底します。

矢印

STEP3  薬剤を注入

痛みや炎症などの症状が落ち着いたことが確認できたら、細菌が再び根管内に侵入しないように、歯の根の先端まで薬剤を充填して隙間のない状態を作り出し、密閉します。薬剤がしっかり入っているかを確認するため、再びレントゲン写真を撮影します。

矢印

STEP4  コア(土台)を装着

ほとんど歯の根だけになった歯を再び噛めるようにするために、金属やグラスファイバーなどの素材で作られた土台を入れます。

矢印

STEP5  被せ物を装着

土台の上に、被せ物を入れて完了です。噛み合わせのチェックを行ない、必要に応じて微調整を行ないます。

ページトップへ

© 岩本町のインプラント・上條歯科医院 All Rights Reserved.