千代田区岩本町のインプラント 上條歯科医院のスタッフブログ

  • 患者様の声
  • お問い合わせ

ドイツのインプラント事情視察

2007/09/17

院長の上條がヨーロッパの最新インプラント事情視察のためドイツへ行きました。 ドイツ自慢のアウトバーンを走り周り、ドイツ各地3ヶ所のデンタルオフィスで10ケースのオペを見学し、フリアデント本社工場ではインプラント製造の工程を視察してきました。 日本は明治より医学や医療制度はドイツを手本としてきました。しかし、インプラントに関してはスウェーデンやアメリカばかりで、正直ドイツはあまり注目してきませんでした。今回の視察でその先入観の誤まりに気づきました。 時差ボケに苦しみながらの初めてのドイツでしたが、各診療施設のハード、ソフトの充実ぶりには驚きとともに大いに刺激を受けました。とくに日常的に全身麻酔で診療が行われていたのは意外でした。 インプットした情報量があまりに多く、私自身まだ十分に消化整理しきれずにおります。日々の臨床がレベルアップする素晴らしい研修でした。早速明日からの診療で徐々に生かしてまいります。写真上からMelsungen  Dr.Giesenhagen        Ohringen    Dr.Kielhorn        Oppenheim  Prof.Dr.Gomez-Roman(右) Dr.Kornmann(左)1日目 Spangenbergの古城ホテルHotel Schloss Spangenbergに宿泊2日目 MelsungenのClinic Dr.Giesenhagenにて全日ライブサージェリー&トレーニング3日目 MannheimのDENTSPLY FRIADENT本社にて1日レクチャー後インプラント製造工場視察4日目 OhringenのClinic Dr.Kielhornにて全日ライブサージェリー&トレーニング5日目 OppenheimのClinic Prof.Dr.Gomez-Romanにて全日ライブサージェリー&トレーニング2日目から5日目まではHeidelbergに宿泊

ページトップへ

© 岩本町のインプラント・上條歯科医院 All Rights Reserved.