千代田区岩本町のインプラント 上條歯科医院のスタッフブログ

  • 患者様の声
  • お問い合わせ

個人情報保護法を守るため

2006/11/04

 今年の夏、東京で大停電がありました。その後に気がついたのですが、歯科医院で使っていたデータ保存用のハードディスクがクラッシュしていて、データが全部飛んでいました。ちょうどお盆休み中の出来事のため、因果関係は証明できません。近所でビルを建設中なので、その工事に伴う停電が原因だったのかもしれません。  上條歯科医院は世界のアキバにありますから、ハードディスクは常にミラーリングしてバックアップを取っていました。ただ落雷や突然の停電に対する準備が不足しており、弱点をピンポイントで攻められました。いずれにせよコンピュータのデータが取り出せなくなると仕事に著しい支障が生じるのだということを経験しました。10年分のデータが一瞬のうちに失われるという背筋も凍るような体験でした。データは名古屋の専門業者に依頼してデータの復旧にはどうにか成功しました。ただ業者探しからいろいろなやり取りで結局完全復旧まで一ヶ月近くかかりました。  上條歯科医院は5000人以上の患者様がおられますので個人情報保護法上、情報の取り扱いには法律的な義務が生じます。そのため、ハードディスク計5台を廃棄しなくてはならなくなりました。PCからコントロールできれはソフト的にデータを破壊できるのですが、それも不可能なため物理的に破壊しなければなりません。ハードディスクはもともとかなり頑丈に作られている物です。バラバラに分解して、ディスク本体を引掻いてデータを完全破壊するのは、予想していたよりも骨の折れる作業でした。  分解破壊したハードディスクはバラバラなので不燃ゴミに捨てるしかありません。恐らくゴールドや銅、多くのレアメタルを含んだ価値あるゴミを不燃ゴミとして捨てるのはとても地球に優しくないことです。携帯電話を携帯会社が回収しているように信頼できるPCの回収システムがなぜないのだろうかと考えさせられました。 (上條)

ページトップへ

© 岩本町のインプラント・上條歯科医院 All Rights Reserved.