千代田区岩本町のインプラント 上條歯科医院のスタッフブログ

  • 患者様の声
  • お問い合わせ

2006年11月

U2のコンサートに行きました

2006/11/29

 院長の上條がさいたまスーパーアリーナのU2のコンサートに行きました。 U2はアイルランドのダブリン出身のロックバンドで上條が今までで最も聴いたバンドのひとつです。幸運にも大学時代の同級生に誘われ、チケットを譲ってもらい行ってきました。ステージ直前のアリーナ席でメンバー達までの距離は10メートルほどという、人生最高の席でのロックコンサートでした。  きっと観客はおやじばかりだろうと考えていましたが、若者達の熱気と熱狂がモノスゴく、最後まで無事にでいられてよかったとほっとするほどの盛り上がりでした。 今の若者はヒップホップやラップばかりでロック人気は過去のものになったと考えていたのは大きな誤解でした。  U2は政治的メッセージの強いバンドです。ヴォーカルのボノが数日後に首相官邸で安倍総理と会談している映像がニュースが放送されていました。 アイルランドに平和が戻りつつある中で、今は南の貧困問題や地球環境問題の改善を強く訴えています。  コンサートの後は埼玉新都心駅付近で一杯飲んだ後、新宿の屋台に場所を移してのクラス会になりました。週の半分は精神科医、残り半分はデイトレーダーという変わりダネの加藤先生と、神奈川県内の某病院歯科口腔外科長の今村先生の3人でU2を肴に学生時代に戻ったような楽しい時を過ごしました。 (上條)

詳細を見る

学生時代の同期会で仙台に行きました

2006/11/11

 院長の上條が宮城県仙台市の母校で行われた歯学部の同期会に参加しました。  11月11日(土)午後7時からのパーティーには、遠く兵庫や大阪、三重などの遠方からも同級生が集まって来ました。2次会3次会と夜中まで昔の仲間達と仙台の繁華街国分町をのみ歩きました。  翌日は皆で歯学部の昔懐かしい講義室にて恩師金田一助教授による解剖学の特別講義をしていただきました。昔なら講義になかなか出席しないような不良学生達もこの日ばかりは皆サボらずに出席していました。  その後、仙台近郊の作並温泉まで足を延ばし日帰り温泉に入りました。驚いたことに温泉から上がると雪景色でした。 おかげで、東京に戻った時には湯冷めしたせいか、少し体調を崩してしまいました。 (上條)

詳細を見る

国会議員のパーティーを経験しました

2006/11/06

 院長の上條が夫婦で鹿児島4区選出衆議院議員小里泰弘氏を励ます会に参加させていただきました。虎ノ門パストラルで行われたパーティーは大盛況でした。  会場には普段テレビでよく見る大物政治家が数多く応援に来ました。安倍総理や小泉元総理はさすがにいませんでしたが、YKKのYさんやKさんを始めとして総理候補や現大臣クラスが数多く出席していました。間近で見る実物の政治家たちはテレビ画面よりずっと小さく、当たり前のことですが、ただの人間でした。しかし、発するオーラは皆尋常ではなく、演説も皆さすがだなと感じさせるものばかりでした。それぞれに個性をアピールしながらも聴衆との距離感をはずさず、主張を織り込んだ名スピーチのオンパレードでした。私もエネルギーを高め、オーラをまとい、人前でもビシッと決めるコメント力を身につけられればと素直に感心しました。  あと面白かったこととしては、皆政治家は声が大きいため、近くにいるだけで内緒話が全部聞こえてしまうことでした。日本の政治家には陰謀なんか不可能なのかも知れないなとちょっと安心した反面、外交面や国益を考えるとちょっと不安を感じました。  小里議員の奥様とうちの妻が友人で、奥さんつながりで国会議員のパーティーにおのぼりさんとして参加させていただきました。小里議員を応援する気持ちはもちろん十分あります。しかし私は選挙区の住民でもありませんし、特に何の利害関係もございません。そして、私は別に自民党支持者というわけでもありませんので、皆様誤解なさらないようお願いいたします。 (上條)

詳細を見る

個人情報保護法を守るため

2006/11/04

 今年の夏、東京で大停電がありました。その後に気がついたのですが、歯科医院で使っていたデータ保存用のハードディスクがクラッシュしていて、データが全部飛んでいました。ちょうどお盆休み中の出来事のため、因果関係は証明できません。近所でビルを建設中なので、その工事に伴う停電が原因だったのかもしれません。  上條歯科医院は世界のアキバにありますから、ハードディスクは常にミラーリングしてバックアップを取っていました。ただ落雷や突然の停電に対する準備が不足しており、弱点をピンポイントで攻められました。いずれにせよコンピュータのデータが取り出せなくなると仕事に著しい支障が生じるのだということを経験しました。10年分のデータが一瞬のうちに失われるという背筋も凍るような体験でした。データは名古屋の専門業者に依頼してデータの復旧にはどうにか成功しました。ただ業者探しからいろいろなやり取りで結局完全復旧まで一ヶ月近くかかりました。  上條歯科医院は5000人以上の患者様がおられますので個人情報保護法上、情報の取り扱いには法律的な義務が生じます。そのため、ハードディスク計5台を廃棄しなくてはならなくなりました。PCからコントロールできれはソフト的にデータを破壊できるのですが、それも不可能なため物理的に破壊しなければなりません。ハードディスクはもともとかなり頑丈に作られている物です。バラバラに分解して、ディスク本体を引掻いてデータを完全破壊するのは、予想していたよりも骨の折れる作業でした。  分解破壊したハードディスクはバラバラなので不燃ゴミに捨てるしかありません。恐らくゴールドや銅、多くのレアメタルを含んだ価値あるゴミを不燃ゴミとして捨てるのはとても地球に優しくないことです。携帯電話を携帯会社が回収しているように信頼できるPCの回収システムがなぜないのだろうかと考えさせられました。 (上條)

詳細を見る

チームスタッフに新しく若い力が加わりました

2006/11/01

 今日最年少の大友史緒莉さんがチームスタッフに加わりました。 今はまだ歯科助手なのですが、歯科衛生士のタマゴです。 大友さんが通っているのは夜間の歯科衛生士学校です。 朝9時半から午後4時半まで上條歯科医院で勤務した後、 5時半から9時まで学校で授業です。 夜家に帰り着くのは11時近くにもなるそうです。 土曜日も昼まで勤務し午後は授業です。 仕事に勉強にと遊ぶ間もなく本当に頑張りやさんです。 近頃の若い者はなどという言葉も大友さんを目の前にすると、どこか遠い国の言葉のようにも感じてしまいます。 「若い時の苦労は買ってでもしろ」との教訓を実践する立派な若者です。 どうぞ皆々様ぜひ応援してやってください。

詳細を見る

ページトップへ

© 岩本町のインプラント・上條歯科医院 All Rights Reserved.